Harmonic Mnemonics

昨日の自分から今日を学ぶために

四川に行った(第四話)

7iva.hatenablog.com

これの続きです.

間違った汽車のチケットを購入してしまい,先に西安に向かうグループと四川省に追加で1日滞在するグループに別れてしまった我々.後者である私は,現地で仲良くなった人の家に宿泊させてもらうことでなんとか4日目の夜を乗り越えることができました.

 

5日目 ~四川~

1日滞在することになってしまったので,どうせなら四川省を満喫しようと気持ちを切り替えた我々.美味しい四川料理を食べてパンダを見ようではありませんか.

 

>美味しい四川料理

f:id:iva7:20161217145555j:plain

f:id:iva7:20161217145734j:plain

人気店だけあって,納得の美味しさです。10年モノの紹興酒と一緒にいただきました。最高です。

ここは麻婆豆腐発祥のお店と言われているところです。日本にも支店(?)があるようですね。日本に帰ったら行って食べ比べしてみようと思います。

 

ここです。

rocketnews24.com

backtothe-nature.com

 

本場麻婆豆腐,その他四川料理を食べ,紹興酒を飲み気持ちよくなった我々,もう怖いものはありません。パンダを見に行きましょう!

成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地

 

名訳.

 

>パンダ<

 

 

 

その辺にたくさんパンダがいます。

 

f:id:iva7:20161217154852j:plain

おっさんか??

f:id:iva7:20161217154907j:plain

パンダは木を登る。

野性的だった(こなみかん)

 

だいぶ満足です。悔いはないです。寧ろ汽車を乗り過ごして良かった??

 

 

そしてその夜は昨日に正しくかったチケットを使い,汽車に乗ります。向かうは西安

こいついつも限界迎えてんな.しかし,見て分かる通り,8時間やら9時間の移動なのに,硬い座席に坐ったまま移動というのは明らかにつらいです.我々は交代しながら,3人分の座席を利用して眠りました.

 

6日目 ~再会,そして帰還~

夜通し汽車に乗り,西安に辿り着いた我々。兵馬俑で逸れてしまった友人たちと合流をします。

兵馬俑 - Wikipedia

f:id:iva7:20161217153407j:plain

 

兵馬俑博物館の中にはこういったお墓(?)だけでなく,他の展示物もあったので,歴史好きな方はぜひ訪れてみてください。

 

しかし我々はこの長く辛い戦いだった旅に疲れ果てていたため,そうそうに退散します。そろそろ帰りたいわけです。西安から北京までは新幹線(高鉄)に乗って帰ります。

 

 

帰還。もう1ヶ月くらい旅行していたような気がする。当分遠出はしたくないかな。。。

しかし都市部だけでなく地方の中国の様子も知れたのが面白かったですね。たくさんのトラブルに巻き込まれた分,その都度たくさんの出会いがあり,その都度自分が人間として強くなれました。中でもトイレとかそういった衛生面とかは特にですね,絶対に強くなると思います。

「世界中にいる人々が皆それぞれの人生をおくっている」という事実を時々再認識し,その虚無感や焦燥感に囚われることがあるのですが,旅行をする度にそういった感情を何度も強く得ます。12時間のバス旅で私の隣に坐り,私に果物をくれたあの軍服を着たお父さんも,我々からタクシー代をぼったくろうとしたが結局出来なかったあのお兄さんも,標準な発音で喋っているのに執拗に私の中国語を訂正してきたあのお姉さんも,それぞれがそれぞれの人生を歩んでいる。そしてその人達はこれまでもこれからもまたそれぞれの人生を歩む,というのはなかなか壮大で恐怖を感じるものでもあると思っています。

旅行をすることで,他地域や他国の事情など,自分の外面について理解が深まるのはもちろんですが,そういった「他者」をみることで自分の内面についても理解し直したりします。このなんとも言えない情感が気持ちよくて旅行することが好きになったという面もあります。これからも様々な場所で,様々な経験をしたいものです。

 

後日談

 

 

つらい。

 

Amazon.co.jpアソシエイト

TOP