読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Harmonic Mnemonics

昨日の自分から今日を学ぶために

四川に行った(第二話)

7iva.hatenablog.com

これの続きです.

無事四川に到着し,1日目から四川を存分に満喫した我々.2日目にはもう宿泊先を飛び出し,世界自然遺産にも登録されている,九寨溝へと向かいます.

九寨溝 - Wikipedia

 

2日目 ~地獄のバス移動~

九寨溝までは飛行機で行くこともできるのですが,今回はバスで向かいます.バスで向かうとなると,約半日を消費します.覚悟はしていたのですが,実際に体験すると結構キツいです.

山道なので移り変わる景色を楽しめるのは良いのですが,運転がその分荒れます.運転手はヤクザみたいな人たちで,ガンガンスピードを出してくれるのは良いのですが,対向車線に突入することも厭わない様子で,何度も命の危機を感じました.

そうこうしているうちに目的地に近づきます.

 

ついに到着

山の中を走り続けていくと,繁華街のようなエリアにたどり着きました.

f:id:iva7:20161110112256j:plain

 

わかってて選びましたが,現地民族らしさがでていて,なかなか風情ある宿泊先です.このような小さな布を使った旗はタルチョと言います.チベット地方の風習です.

タルチョー - Wikipedia

しかし寒い!山の上なので寒いです!バスでの長旅による疲れも溜まっていた私たちは,崩れるように眠りにつきました.

 

3日目 ~秘境~

無事朝早く目覚めた我々は,ついに九寨溝へと向かいます.入場人数制限があるので,早く行かないと入ることが出来なくなってしまうのです.

f:id:iva7:20161110114859j:plain

って人が多すぎる.

この写真だとわかりにくいのですが,溢れんばかりの人,人,人.中国は人が多すぎる.人が多すぎて様々な警察集合です.

f:id:iva7:20161110115102j:plain

観光地に特警が来るってどういうこと笑.ちなみにもう1つ前の画像で,かっこいい緑色の帽子を被っている方々は武装警察です.軍人です.逆らわないようにしましょう.

場所が場所なので,チベット語での表記もされます.

f:id:iva7:20161110115111p:plain

アラビア語に負けず劣らず書きにくそうな文字...

 

なんとかチケットは買えたのですが,我々が買った時にはもうあと残り50枚かそこらというところでした.本当にギリギリです.なんとか買えて,安心しました.入れなかったらなんのためにバスに13時間も乗ってきたのかわからないですからね...

f:id:iva7:20161110163842j:plain

 

 

入場制限される前になんとか乗り込んだ我々.

いや,すごいです.モンスターハンターの世界が広がっているみたいです.大自然ですよ大自然.九寨溝,中は自然公園のようになっています.とても広いのでバスで移動します.

f:id:iva7:20161110161928j:plain

f:id:iva7:20161110161222j:plain

 

あと池とかも青いんです.

青いんです.

f:id:iva7:20161110162721j:plain

f:id:iva7:20161110162736j:plain

すごいです.入れて良かったー.

 

しかしのんびりしすぎていた我々は,最もきれいな池があるエリアへ行くバスを逃してしまいました.

すると,同じようにバスを逃した人たちが集まってきて,バスの運転手たちに何か言い始めました.よく聞いてみると,「日本人の観光客(私達のこと)もわざわざ来てるんだぞ!折角だからバスだしてあげなきゃダメだろ!」って言ってるんですね.

いやいや,人のことを勝手に利用して説得するのやめろよ笑

しかし,そういった行動のおかげもあってか,最も美しいエリアへ行くバスを召喚することに成功します.

f:id:iva7:20161110161459j:plain

すごいです.

青というか藍というか.水ってこんな綺麗な色が出せるんですね.よかったです.我々のことを利用して交渉してくれた彼らには感謝です.

移動中のバスの中で彼らが喋っている言葉を聞くと,どうも中国語じゃない言語がたくさん聞こえて来るんですね.日本のことをジャポーンとかジャポーイとか言ってます.

少数民族の方々だったのかもしれません.色んな民族の人々を乗せたバスは賑やかでとても楽しかったです.運転手の人も気さくで優しかったです.

 

 

九寨溝,綺麗で良い所だったので,興味のある人はぜひ訪れて見てください.

バスで行くなら覚悟してください.

 

 

つづく

 

Amazon.co.jpアソシエイト

TOP